目のクマ改善の為のツボを解説

近年、子供から大人まで目のクマに悩みを持つ方が増加してきています。

原因は色々ですけれども、増加原因の一つとしては携帯ゲームやテレビゲームなどがあげられています。

瞬きの回数が減り、眼輪筋が衰えると血行不良になります。この時、実は瞬きする際に最後まで目が閉じられていない場合が多いですから携帯カメラの動画でチェックしてみるといいです。

瞬きの時に目が閉じる前に途中で上がっていた場合は眼輪筋が衰えています。この眼輪筋を鍛えることできちんと瞬きができるようになり、目のクマも少しずつ改善されるようになります。この改善策を解説しますので、是非実施してみてください。

まず鏡の前に立ち、太陽を見た時に「まぶしい」という時の目をしてみてください。上瞼と下瞼に力が入るはずです。ゆっくり力をいれましょう。

次に指で目じりを横に引っ張ったまま抑えます。猫の目のようになりますが、この状態で上瞼と下瞼にゆっくり力を入れます。次に上瞼を眉の骨辺りまで引っ張ったまま抑えて、この時も上瞼と下瞼に力を入れます。

最後に下瞼、「あっかんべー」の時の目をして頬骨の上まで下げて抑えたまま、やはり上瞼と下瞼に力を入れます。これを5回ずつ行います。これだけで目の周りの筋肉を使ったことが実感できるはずです。

これを朝晩行い、しばらく続けてみてください。アイキララの口コミにもある通り、この目のクマ改善対策はすぐに効果が現れるものではありませんので、何か月も続けてみましょう。