カッコイイ薄毛とカッコ悪い薄毛、何が違う?

-shared-img-thumb-PAK86_kabedonoriginal15182518_TP_V

今や5人に1人は薄毛で悩んでいると言われているここ日本。そして、カッコイイ薄毛とカッコ悪い薄毛、世の中にはこの2種類が存在します。

薄毛だからモテない、薄毛だから彼女ができない、というのは間違いです。世の中には、ハゲててもカッコイイ人ってたくさんいますよね。

海外のハリウッドスターはもちろん、日本のタレントさんでもそうですが、一般の男性にだってカッコイイ薄毛はたくさんいらっしゃいます。

果たしてカッコイイ薄毛とカッコ悪い薄毛、この2者の違いは何なのでしょうか?

何が人の印象を左右する?

もちろんもともとの顔というのも多いに関係はありますが、私が考えるに、やはりいかに自分をさらけ出せるか、自分に自信を持っているかが大きく関わっているような気がします。

まず、カッコイイ薄毛の人は自分の頭部を隠そうとはしていません。あるがままに、堂々としているからこそカッコよく見えるわけです。

薄毛を髪の毛で隠したり、人前でおろおろとしている人が、周りからカッコよくみられるわけはないですよね。

なので、薄毛は隠さずいさぎよくオープンにする、というのがポイントではないかと思います。さらに自分の薄毛をネタにして笑いがとれるくらいになれば、それはもう欠点ではなく武器になります。

また、清潔感というのも大きなポイントになってくるかと思います。清潔感のある薄毛の人と、汚くてだらしない薄毛の人では、とくに女性からの評価は圧倒的に変わってきます。

この2点に気を付けていくだけでもかなり周りからの印象は変わると思うので、若ハゲやてっぺんハゲ、М字ハゲなどでお悩みの方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ストレスは視力を低下させるのか?

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

ストレスと視力低下は一見関係ないように思いませんか?

しかし、強いストレスを受けることで視力が低下することは現実にあります。

これを「心因性視力障害」といいます。

 

私たちの目が見えるのは、目から入った光(像)が目の奥にある網膜に届き、

視神経を通して脳へとその情報が届く事ではじめて見ることができます。

つまり、目と脳の連携によって見ることができるということです。

 

心因性視力障害は、この目と脳の連携が上手くいかずに一時的視力が低下する現象です。

特に小学生低学年の子供に起こりやすいと言われています。

 

この頃は、精神的にも不安定でちょっとしたことでストレスを抱えてしまうこともあります。

 

両親の不仲や兄弟との不仲、友達と仲良くできなくて悩んでいたりなど、

子供なりにストレスを感じていることがあります。

 

少し変わった原因の一つにメガネへの強い憧れがあります。

好きな先生や憧れの人のメガネに影響を受けて自分もメガネをかけて見たくなり、

それが原因となり視力が低下するものです。

 

この場合には、子供の気に入った度の入っていないメガネをかけさせてあがることで

視力が上がることもあります。

 

しっかりとしたケアをしてあげることで子供のストレスを取り除く事ができれば、

視力の方も徐々に回復していきます。