カテゴリー別アーカイブ: 視力回復

ストレスは視力を低下させるのか?

0d1382cfebd6726c12a1a03320f53827_s

ストレスと視力低下は一見関係ないように思いませんか?

しかし、強いストレスを受けることで視力が低下することは現実にあります。

これを「心因性視力障害」といいます。

 

私たちの目が見えるのは、目から入った光(像)が目の奥にある網膜に届き、

視神経を通して脳へとその情報が届く事ではじめて見ることができます。

つまり、目と脳の連携によって見ることができるということです。

 

心因性視力障害は、この目と脳の連携が上手くいかずに一時的視力が低下する現象です。

特に小学生低学年の子供に起こりやすいと言われています。

 

この頃は、精神的にも不安定でちょっとしたことでストレスを抱えてしまうこともあります。

 

両親の不仲や兄弟との不仲、友達と仲良くできなくて悩んでいたりなど、

子供なりにストレスを感じていることがあります。

 

少し変わった原因の一つにメガネへの強い憧れがあります。

好きな先生や憧れの人のメガネに影響を受けて自分もメガネをかけて見たくなり、

それが原因となり視力が低下するものです。

 

この場合には、子供の気に入った度の入っていないメガネをかけさせてあがることで

視力が上がることもあります。

 

しっかりとしたケアをしてあげることで子供のストレスを取り除く事ができれば、

視力の方も徐々に回復していきます。